「魅力的な女性になるにはどうしたらいいのかな?」

 

突然ですがあなたはどんな人になりたいですか?と尋ねられたら何と答えますか?

 

シャネルは、生涯を通して「かけがえのない人間でありたい」と自分に答え続けた人でした。

 

ほかの人と同じことをするのが大嫌い。だから、誰とも似ていない。

 

それは、シャネルの強烈な魅力でした。

 

今回は、私の大好きなシャネルの名言をお伝えいたします。

 

生き方のヒントになるようなものをピックアップしてみたので是非参考にして下さいね。






魅力的な女性になるには♡退屈よりも大失敗を選んだの

 

「今から始めてももう遅いよな~」と思うことってありますか。

 

実は私も最近まで「もう46歳だし...」てやりたいことを色々諦めていた1人です。

 

そんな風に悩んでいる時にシャネルのこの名言に出会いました。

 

「退屈よりも大失敗を選んだの」

 

シャネルがモード界にカムバックしたのは、71歳の時でした。

 

「退屈よりも大失敗を選んだの」という言葉のとおり、困難覚悟の決断でした。それから87歳でなくなるまで、最前線で働き続けたのです。

 

人ってどうしても「やらない理由」や「やれない理由」をさがすものです。

 

どうしてなのか?というとやらない理由を探すほうが、楽だから。でも本当にそのままで幸せですか?

 

失敗したっていいじゃないですか。別に死ぬわけではないですし(笑)

 

何歳だなんて関係ないのです。女はいつだって、何歳だってなりたい自分を楽しむことが出来るのです。

 

私はシャネルのこの名言から勇気をもらえました。

 

魅力的な女性になるには♡どのような生き方をしているのかそれは顔に表れるもの

 

20歳の顔は自然がくれたもの。30歳の顔は、あなたの生活によって刻まれる。

 

40歳の顔には、あなた自身の価値が表れるの。どのような生き方をしているのか、それは顔に表れるもの。

 

シャネルの有名な言葉のひとつです。

 

進歩した医療技術で、どんなに肌に張りを与えようとも、重力に逆らった施術をしようとも、あるいは写真で修整を加えても、「精神の老化」は隠せません。

 

50代半ばのシャネルの写真は、写真によって修整が加えられているものも、あまり加えられていないものもあるけれど、いずれにしても「精神の老化」はみじんもありません。

 

1937年5月、パリで開かれた万博博覧会の夜会でのシャネルはとても美しく、オーガンジーのドレス、すらりとしたその姿に会場の人々は、シャネルとはわからなくても、その美しさに見惚れました。

 

自分の言葉を裏切らない54歳でした。

 

魅力的な女性になるには♡強さではなく弱さを楽しまなくては!

 

1920年、シャネルが大活躍し始めるころ、シャネルがそうしたように短く髪を切る女性が増えました。

 

また、シャネルのシンプルな服も流行したので、「街から女性がいなくなった。シャネルが作りだした少年しかいない」

 

などといわれました。けれどシャネルは男性のようになるつもりなど、ひとかけらもなかったのです。

 

「男性と対等であること」は大切、けれどそれはけっして「男性のようになること」ではないのです。

 

強く生きた人だから誤解されがちだけれど、シャネルは常に女性的で、男性に愛されることを欲していました。

 

「女性は強さではなく弱さを楽しまなくては。強さを隠すのが楽しいの。これ、駆け引きとも言うわね」

 

と言ってたくらいです。どんなに仕事に熱中しても、どんなに自由であっても、女性らしさを失わずにいることを大切にしていたのです。

 

魅力的な女性になるには♡「不幸」が生むエネルギー

 

人生の始まりについて、不満、要求を言えばきりがなく、生まれる環境は選べないもの。

 

もっと裕福な家庭にうまれたかった、もっと知的な家庭にうまれたかった、もっと両親に愛されたかった。

 

など、いくらでも「もっとこうだったらよかったのに」は出てきます。

 

シャネルは孤児院育ちだし、本人も「悲惨だった」と断言しているから、条件的には最低と言っていいでしょう。

 

けれど、その最低条件のなかで毎日「お金持ちになって自由を手に入れる」ことを夢見て、いつかそれを実現すると決意していました。

 

カフカの言葉があります。「人間は、自分のなかに破壊しがたいものが存在するということを、継続的に信じない限り、生きることはできない」

 

シャネルにとっての「破壊しがたいもの」それは「お金持ちになって自由を手に入れる」ことであり、ここから現実を覆すエネルギーを得たのです。

 

魅力的な女性になるには♡他の人と自分を区別する

 

シャネルは生涯を通して「ほかの人と自分を区別する」ことを意識し続け「ほかの人と同じことをして安心する」人たちから遠く離れたところにいました。

 

「自分と自分以外の人との違い」について「自分にできてほかの人にできないこと」について。

 

また逆に「ほかの人がいともたやすくこなしているのに自分にはできないこと」について考えた人でした。

 

シャネルの成功の理由は、もちろんひとつではないけれど「人と違っていること」に異常なほどのこだわりをもっていたことは、確かに成功の理由の根幹にあるでしょう。

 

シャネルが71歳でカムバックしたとき、同業者のバレンシアガは「シャネルは永遠の爆弾だ」といいました。

 

この強烈な讃辞は「かけがえのない人間」でありたいと願い続けたシャネルを喜ばせたことでしょう。

参考:40代でも魅力的なモテる女性になりたい!この先不安になった時の対処法

 

香りを上手に使いこなすことは魅力を磨くための不可欠な要素

女性ならどうしてももっておくべき「特別な魅力」の手に入れ方。

 

かわいい、キレイ、スタイルがいい、それだけでは魅力的な女性になれないのです。

 

もっと深いところに響かせてこそ、「心を奪う女」になれる。せっかく女性に生まれたなら、ただの美人ではなく、本能ごともっていくような、どうしようもなく気になる女になりたい。

 

そんな女性になれるアイテムの一つに香水があります。

 

動いたときに、不意打ちで漂ういい匂い。本当に心を奪うのは、見え隠れするいい匂いです。

 

香りは毎回同じ場所につけるのではなく、会う人や場所などにあわせて仕込む場所を厳選すること。シミにならないよう、日中なら日光の当たらない部分につけます。

 

首すじに仕込めば、ハグのたび髪が揺れるたびにほわんと香ります。不意打ちなら背中。コートを脱ぐ瞬間、バックコンシャスなドレスのときにも効きます。

 

ドライブなら脚を組み直すたびに香るように内股、膝裏、足首に、色気盛りなら断然バスト下に、温度の高い部分につけるとまるで肌から香りたったように、隠れていた香りが顔をだします。

 

男性の本能に響く魅力的な香水♡

 

リビドーロゼ

あまり大きな声では言えないけれど、恋をしている女性なら意中の彼と「結ばれたい...♡」と思うのは当然のこと。

 

こちらの香水は、「女性として見てもらえにくい」「なかなか彼が誘ってこない」「男性っぽいと言われる」「もっと女性として魅力が増したい」という女性の声を解決するために作られた香水なのです。

 

男性のスイッチがONになる瞬間をあらゆる角度から研究したどりついて作られた香りです!約80種類の香りを組み合わせており、デートの時間に合わせて香りが変化していきます。

 

トップノート・・甘く可愛いフルーティーベリーの香りで誘い
ミドルノート・・ミュゲ、ジャスミンの爽やかなフローラルの香りで官能性を高めて
ベースノート・・ラストに残るのは、イランイランやムスク系の印象で妖艶で落ち着く香り

 

デートを盛り上げる特別な香り成分である、オスモフェリン、イランイラン花油、キイチゴ果汁、クランベリー果汁使用されており、あまり興味のない方の前での使用は控えてください!と注意書きがあるほど。

 

さりげない大人の色気で、彼の欲望に火をつけて!

 

男性を落とす香りをまといたい方はこちらをクリックする→【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』

まとめ♡

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「魅力的な女性になるには?シャネルの名言から見る魅力的な生き方とは?」をお伝えいたしました。

 

あなたに、今回解説してきた中でとても大切なことをまとめます。

 

魅力的な女性になるには♡シャネルの名言から見る魅力的な生き方とは?

 

退屈よりも大失敗を選んだの

どのような生き方をしているのか、それは顔に表れるもの

人生の始まりについて不満要求を言えばきりがなく生まれる環境は選べないもの

ほかの人と自分を区別する

 

以上が、魅力的な女性になるには?シャネルの名言から見る魅力的な生き方とは?についてお伝えしてきた記事内容のまとめになります。

 

ココシャネルの名言から、少しでもあなたが何かを始めるきっかけになることが出来れば幸いです。

 

魅力的な香りを纏いたい方はこちら↓