「色気の正体がよくわからない」

 

セクシーな服をきていても、色気がない人もいますし、キッチリした服装を着ていても、色気が出ている人もいます。この違いは何だろう?

 

色気の正体、本質って一体何なのでしょうか?

 

この色気と言うのは、若いからあるとか、年取っているからなくなるとかそういうものではなく、色気は、高校生でもある人はあるし、はたまた70代でも、ある人はある。

 

では、色気の正体とは何なのか?その本質と意味を徹底解剖していきますね!







色気の正体ってなんですか?



ツヤがある

人間本来の本能として、光ったり動いたりと変化のあるものに無意識に目が入ってしまい、惹かれてしまう傾向があります。

 

髪の“艶”は、一般的に男女問わず若さや性的な魅力を潜在意識的に感じ取る象徴。

 

特に男性からの視点で言うならば、“艶”とは、若わかしさの象徴、女性からの視点で言うならば、女らしさの象徴であることがわかっています。


自信がある

自信がある女性は他人にも自分にも優しいという特徴がある。そこには自分も含めて「人」を尊重しているのです。

 

「みんな違ってみんないい、もちろん私も」という考え方。その気持ちが他人への優しさとなります。

 

自分と考えが違っても、環境が違っても否定する気持ちを持たないので、誰のことも許容し、誰のこともひとりの人として大事にすることができる。

 

その精神が他人を思いやる気持ちとして表れます。

知性がある

知性がある女性は、物事を客観的に見て判断することができる。

 

客観的になるために最初に意識すべきことは、自分が相手の立場だったらと考えることです。

 

まずは「自分がされて嫌なことは相手にしない」ということを意識するだけでも少し客観的な見方が養われますよ。

 

知性というのはその場を判断する能力です。盛り上がるべき場合には盛り上がり、落ち着くべきときには落ち着く。

 

本当に知性のある女性は時と場合に応じた立ち振る舞いができます。

 

参考:職場で色気のあるモテる女性の特徴4選!いつも笑顔の癒し系女性の正体とは?




色気の意味とは♡

 

よく「色気」という言葉を耳にしますが、具体的に色気って、どんな意味だと思いますか?

 

色気のある女性を目指している人ほど、本物の「色気」とはなんなのか、気になりますよね。

 

そこで、辞書を引いてみると、次のような意味が掲載されていました。

 

   1 色の加減。色の調子。色合い。「青の色気が薄い」

    2 異性に対する関心や欲求。色情。「色気がつく」

    3 人をひきつける性的魅力。「色気たっぷりの目つき」

    4 愛嬌 (あいきょう) 。愛想。おもしろみ。風情。「色気のないあいさつ」

    5 女性の存在。女っ気。「色気抜きの宴席」

    6 社会的地位などに対する興味・関心。「大臣の椅子に色気を示す」

                       出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

「色気」という言葉ひとつでもこんなにたくさんの意味があるのですね?

 

女性の色気に関する意味としては、2、3あたりでしょうか。女性の存在そのものを「色気」と使われたりもするんですね。


色気の本質とは♡

 

「あの女性には色気がある」と言うときの色気とは、「異性に対する性的な魅力」を指しています。

 

ですがここで難しいのは、一言で「性的な魅力」といっても、ただセクシーであればいいというわけではない

 

それは外見的な女性の特徴ではなく、人格に色気を漂わせる女性のことです。

 

こう言うと、「なんだ、優しくて気立てのいい女性のことでしょ」と言われそうですがそうではないのです。

 

自分の生き方を肯定している、どれだけ自分の人生や価値観ときちんと向き合って、ブレない生き方をしているか。

 

要するに、すごく生命力に溢れている女性のことです。

 

色気の本質とは生命力であり、自分の人生を一生懸命生きているかということ。

 

参考:色気があるってどういう意味?会いたくなる女の色気の正体を徹底解剖!






 

香りを上手に使いこなすことは色っぽさを磨くための不可欠な要素

 

女性ならどうしてももっておくべき「特別な魅力」の手に入れ方。

 

かわいい、キレイ、スタイルがいい、それだけでは色気のある女性になれないのです。

 

もっと深いところに響かせてこそ、「心を奪う女」になれる。せっかく女性に生まれたなら、ただの美人ではなく、本能ごともっていくような、どうしようもなく気になる女になりたい。

 

そんな女性になれるアイテムの一つに香水があります。

 

動いたときに、不意打ちで漂ういい匂い。本当に心を奪うのは、見え隠れするいい匂いです。

 

香りは毎回同じ場所につけるのではなく、会う人や場所などにあわせて仕込む場所を厳選すること。シミにならないよう、日中なら日光の当たらない部分につけます。

 

首すじに仕込めば、ハグのたび髪が揺れるたびにほわんと香ります。不意打ちなら背中。コートを脱ぐ瞬間、バックコンシャスなドレスのときにも効きます。

 

ドライブなら脚を組み直すたびに香るように内股、膝裏、足首に、色気盛りなら断然バスト下に、温度の高い部分につけるとまるで肌から香りたったように、隠れていた香りが顔をだします。

男性の本能に響く色気のある香り♡



リビドー ロゼ

あまり大きな声では言えないけれど、恋をしている女性なら意中の彼と「結ばれたい...♡」と思うのは当然のこと。

 

こちらの香水は、「女性として見てもらえにくい」「なかなか彼が誘ってこない」「男性っぽいと言われる」「もっと女性として魅力が増したい」という女性の声を解決するために作られた香水なのです。

 

男性のスイッチがONになる瞬間をあらゆる角度から研究したどりついて作られた香りです!約80種類の香りを組み合わせており、デートの時間に合わせて香りが変化していきます。

 

トップノート・・甘く可愛いフルーティーベリーの香りで誘い
ミドルノート・・ミュゲ、ジャスミンの爽やかなフローラルの香りで官能性を高めて
ベースノート・・ラストに残るのは、イランイランやムスク系の印象で妖艶で落ち着く香り

 

デートを盛り上げる特別な香り成分である、オスモフェリン、イランイラン花油、キイチゴ果汁、クランベリー果汁使用されており、あまり興味のない方の前での使用は控えてください!と注意書きがあるほど。

 

さりげない大人の色気で、彼の欲望に火をつけて!

 

色気のある香りをまといたい方はこちらをクリックする→【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』

追記:只今LINEのともだち登録すると割引きのクーポンがもらえます!

 

まとめ♡

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「色気の正体ってなんですか?色気の本質と意味を徹底解剖!」をお伝えいたしました。

 

あなたに、今回解説してきた中でとても大切なことをまとめます。

 

色気の正体

ツヤがある、自信がある、知性がある

 

色気の意味

 人をひきつける性的魅力

 

色気の本質

生命力であり、自分の人生を一生懸命生きているかということ。

 

以上が色気の正体が知りたいあなたへお伝えしてきた記事内容のまとめになります。

 

ステキな色気をまとったあなたが、あなたの愛するひとの心を掴んで離さない女性になれるよう、心を込めて。

 

色気のある香りを纏いたい方はこちら↓

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします♡ >

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング;