男性から「色気が出てきた!」と言われました。

 

あの人は色気がある、あの人は色気がないからモテないとか、いろいろなところで色気と言いますが、そもそも色気とは何でしょうか?

 

辞書的な意味では「異性を惹きつける性的な魅力」です。女性なら男性を、男性なら女性の注目を引くような力を「色気」と言うようです。

 

今回は男性から「色気が出てきた!」と言われた理由と女性から怖いと言われた理由を徹底検証していきますので、じっくり読み進めてくださいね。






男性から色気が出てきた!と言われた理由とは?



見た目を超える声

「声がいいね」と褒められると、まるで「いい女だね」と言われてるような気分になるのが不思議。

 

声は顔やスタイルと同様、女としての実力みたいなもので、見た目以上の吸引力を発揮するスペシャルな部分です。

 

だからこそお肌やボディーラインと同じように声や話し方にも心を配りましょう。そうすれば、もっと色っぽく魅力的になること間違いなし。

 

すてきな声の条件は、耳にも心にもやさしいこと。耳に触れるととっても心地よくなる、そんな声が理想です。

 

声のコクは、持って生まれたものや経験、五感がミックスされて出るものだからそん簡単ではないけれど、少しずつでもそんな声に近づこうと思えば、近づくもの。

 

例えば少し声のトーンを落としてゆったり話すだけでも、近々高い声よりずっとやさしく心に届きやすくなります。

あそびがあってこそ色気がでる

色気のある女性というのは、自分自身に余裕を持っています。その理由の1つとして、自分の魅力を認めることができていることが挙げられる。

 

自分にはこんな魅力がある!と自分自身で認めて理解しているからこそ、余裕を持つことができるのです。

 

色気のある女性というのが決して美人やスタイルの良い女性ばかりではないのは、自分の魅力を認めることに外見だけが関係しているわけではないからです。

 

外見以外にも自分にはこんな魅力がある!というアピールポイントを理解していれば、それだけで自分自身に余裕を持つことができるきます。

 

たとえ外見には自信がなくても、性格の良さには自信がある!人を楽しませることはできる!なんて魅力がある人は、それを売りにすることができます。

 

色っぽくなりたければ、自分にはどんな魅力があるかをまず自分で知り、それを認めてあげることが大切なんですね。

 

色気があるというのは、たくさんの人に自分の魅力を認めさせることです。自分自身で自分を認めることができなければ、誰かに自分を認めさせることはできないということ。

 

参考:色っぽいと言われたら褒め言葉?男性心理から見た色気があると言われる女性とは?

隠れた色気

露出した格好には全然色気感じない。強い香水とかも下品な感じで興味なし。きちんとした格好してて、ふとした拍子に肌がチラッと見えたりとか、結んでた髪を何気なくほどいた時に色気を感じる。

 

香りも近くに寄ってあれっいい匂いどこから? みたいなのが理想的。

 

着物の女性は色っぽいですよね?何にも見せてないのに…隠すほど色っぽく見えるってそういうことです。

 

自分から見せちゃうと男性は妄想する余地がありません。メイクも服装も控えめにしていて、それがある瞬間ほどけた時に男性はそそられるのでしょう。






女性から怖いと言われた理由とは?

 

貴方がどんなに地味にしたり、行動に気をつけていても、面白くない人が居るのです。

 

例えば、持っているカバンや着ている洋服などで妬んだりひがんだりする人がいるのです。

 

1つ気に入らないと総てが気に入らないのです。なので、貴方が男性に優しくされているのをみて面白くないのです。

 

女性は群れをなします。またこれがややこしくて本当に面倒です。貴方は貴方のままで良いのです、無視しましょう。

 

男性を味方にしたら火に油を注ぎます。総て妬み、ひがみと思って下さい。どうしても耐えらないなら、女性の少ない場所にいるのも良いと思います。

 

女の嫉妬の上手なかわし方を知りたい方は

職場で色気のあるモテる女性必見!女の嫉妬からの上手なかわし方3選!をじっくり読んでみて下さいね。

香りを上手に使いこなすことは色っぽさを磨くための不可欠な要素

女性ならどうしてももっておくべき「特別な魅力」の手に入れ方。

 

かわいい、キレイ、スタイルがいい、それだけでは色気のある女性になれないのです。

 

もっと深いところに響かせてこそ、「心を奪う女」になれる。せっかく女性に生まれたなら、ただの美人ではなく、本能ごともっていくような、どうしようもなく気になる女になりたい。

 

そんな女性になれるアイテムの一つに香水があります。

 

動いたときに、不意打ちで漂ういい匂い。本当に心を奪うのは、見え隠れするいい匂いです。

 

香りは毎回同じ場所につけるのではなく、会う人や場所などにあわせて仕込む場所を厳選すること。シミにならないよう、日中なら日光の当たらない部分につけます。

 

首すじに仕込めば、ハグのたび髪が揺れるたびにほわんと香ります。不意打ちなら背中。コートを脱ぐ瞬間、バックコンシャスなドレスのときにも効きます。

 

ドライブなら脚を組み直すたびに香るように内股、膝裏、足首に、色気盛りなら断然バスト下に、温度の高い部分につけるとまるで肌から香りたったように、隠れていた香りが顔をだします。

 

男性の本能に響く色気のある香り♡

 

リビドーロゼ

あまり大きな声では言えないけれど、恋をしている女性なら意中の彼と「結ばれたい...♡」と思うのは当然のこと。

 

こちらの香水は、「女性として見てもらえにくい」「なかなか彼が誘ってこない」「男性っぽいと言われる」「もっと女性として魅力が増したい」という女性の声を解決するために作られた香水なのです。

 

実は男の人の嗅覚って視覚よりも脳と直結していて、香り(フェロモン)は知性を司る脳をすっとばしてリビドー(性衝動)をダイレクトに刺激すると言われている。

 

この魔法の香水の効果は強力なので、気になる人の前以外で使わないようにと言われる特別な香水。シュッとひと吹きしただけで、フワっとお風呂上りのような香りが周囲に漂い、自然と彼の気持ちに火をつけます。

 

男性のスイッチを入れるために、セクシャルな印象に導く「イランイラン」、フェロモンを意識した香り成分「オスモフェリン」など合計約80種の特別な香り成分を調合。

 

恋に落ちるのを待っているなんてつまらない、恋に落としてもらうのを待っているだけなんてもったいない。男の本能に響く香りをまとって、どうしようもなく心と感覚に響く女になってみませんか?

 

男性を引き寄せる色気のある香りを纏いたい方はこちらをクリック→【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』

追記:只今LINEのともだち登録すると割引きのクーポンがもらえます!

 

まとめ♡

 

色気って「異性を惹きつける魅力」です。惹きつけるってことは「もっと知りたい」欲求に火をつけるということ。

 

つまり、お目当ての男性の妄想をうまくかき立てれば、彼はあなたに色気を感じるというわけです。

 

「秘すれば花」というけれど、見せつけるのではなく、ほのめかすくらいがちょうどいいって覚えておいてくださいね。

 

色気のある香りを纏いたい方はこちら↓

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします♡ >

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング;