「ねぇ、じゅんこ。女らしくなるためになんかしてることある?」

 

「え~そうだな。あ!そうそう、私最近ジムに通いだしたの。そこでこの前明らかに私より年上の女性だと思うんだけど、その人とシャワー室ですれ違がったのね、で見てしまったのよ!すっごい引き締まったウエストを!わぁ、負けてられない!て思っちゃった。」

 

女らしさは、見せることで磨かれる。どんな女性も「見せること」で確実に今より何百倍もキレイになれます。

 

必要なエッセンスは感覚にしみ込み、いらないものはざくざく削がれ、研ぎすまされた洗練を醸し出すようになる。

 

おうちでほっこりおこもりもいいけれど、同じ場所、同じひとの視線だけではキレイは絶対に育ちません。

 

きれいな女、おしゃれな女、賢い女があふれる場所や、男目線のあふれる場所に自分から出向くことを、日課にしましょう。

 

皆さんは女らしくなるために、日頃していることはありますか?今回は女らしい体になることに注目してお話ししていきますね!






女らしくなるためには♡

 

女らしくなるためにどうしても覚えておいて欲しい基本が3つあります。

 

女らしさは育てるもの、ワクワクドキドキが急成長の鍵です、自分のなかの女らしさに目覚めましょう。

 

やってみたいを形にする瞬発力

女らしくなるための瞬発力とは、新しいワザを盗んだり、やったことがないものを試したりする力です。

 

「あれは私には出来ないから」「私の年には無理があるから」など、決めつけてはだめです。女らしい女性は自分のものさしが伸縮自在です。

 

「あれキレイ!」「やってみたい!」と思ったら次の瞬間には試す、くらいの気持ちでいましょう。

男性の視線を気にする

他人の視線、特に男性の目線を気にした方が、女らしくなるスピードは速くなります。

 

男にはない女ならではの体の特徴を光らせるのが「女らしい」につながる道です。

 

ドキドキさせて、楽しむ。女を楽しむことがとっておきの女らしさの秘密。

続ける気力

「スキンケアを毎日丁寧に行う」とか眠いけど、頑張ってメイク落とそうとか、時には気力がいるもの。

 

男ゴコロにひびくおしゃれも大切だけど、女なら脱いでもひびかせるカラダももっていたいものです。

 

華奢な手首、なめらかなデコルテ、ツルツルの背中、ふわとろのお尻。男性が憧れるハグしたくなるカラダを手に入れましょう。





女らしい体になりたい女性へ♡


印象を大きく左右する姿勢

基本の立ち姿は壁に教えてもらいます。壁にかかと、ふくらはぎ、お尻、肩甲骨、頭がつくようにまっすぐ立つ。

 

このとき、目線が正面になるようあごを自然にひき、つま先、ひざ、かかともぴっちりそろえましょう。

 

座るときもこの基本を意識しながら、骨盤に上半身をのせるイメージで骨盤を立てて座るとキレイです。

 

膝はくっつけるのが鉄則です。膝下は、脚がキレイにみえるように少し前後にずらしたり、軽く斜めに角度をつけれは女っぽさが倍増。

 

そして、もう一つ常に意識しておきたいのが肩です。肩が内に入ってしまうと見た目が女らしくないだけでなく、首、肩、背中、二の腕にお肉がつく。

ウエストがくびれているだけで「女らしく」見える

体の真ん中にくびれがあるだけで、途端に体が女っぽくなる。バストはよりボリュームをかんじさせ、ヒップの丸みも引き立つ。

 

くびれの威力は、これまでも知っているつもりではいたものの、実際に自分のウエストが埋もれて寸胴の体を体感したときに、痛感した。

 

いくら女らしい服を着ようと、女っぽい髪にしようと、決まらない。何より、ウエストがなくなるほどに、自分の中の女心も萎えていくのを感じました。

 

それに気づいてから一念発起。まずはジムに行きたいけれど、仕事や子育てに追われてなかなか時間が作れないので下着から改善。

 

これは、以前某有名な下着メーカーで働いてた友人が「社員の綺麗な女の人たちは必ずガードルを履いていた」という話をしていたのを思い出したからです。

 

そこで、色々ネットで調べてみて気になったのが『Dr.MediShape ガードル』というもの。これは履くだけでリンパを刺激して代謝が良くなりおなかのポッコリも改善され、骨盤の歪みもサポートしてくれるという商品。

 

私は、骨盤の歪みも気になってたのですが何もしていなかったので、早速購入することに。今までガードルが苦手だったのは、締め付けがきつくて続かなかったのです。

でもこの『Dr.MediShape ガードル』はほどよい着圧なので毎日履くことが出来たんですよね。

 

おかげでやっとウエストのくびれが少し戻ってきてくれました。嬉しい。

 

流行りのワンピースの水着も、ハイライズのパンツも、トップスをインする着こなしもできるようになったし、なにより女心が戻ってきた。

 

ウエストのくびれは、人に女らしく見せる以上に、自分が女であることへの自信をくれるものだと思います。

 

ウエストのくびれを復活させたい方はこちらをクリックしてみて下さい→10万枚突破!自社開発のダイエットインナー『Dr.MediShape ガードル』

 




まとめ♡

 

実は女らしさは、完璧なパーツやお金をかけてつくられるものではなく、自分の中に潜んでいるものとそのバランス。

 

それに気がつき活用することができれば、女性はだれだってみんな劇的に女らしくなれるのです。

 

どんな女らしい女性も、みんなひとつひとつちっちゃな気づきを重ねてるだけ。

 

女の人はもれなく女らしくなる才能を持っています、あとはその才能を起こしてあげるだけ。

 

今回のお話に詰まっている「気づき」のヒントがひとつでもみなさまの女らしくなる才能を呼び覚ますキッカケになりますよう、心を込めて。

 

くびれが欲しい方はこちらをクリックする↓


<ブログランキングの応援をお願いいたします♡ >

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング;