「女らしくなるにはどうしたらいいの?」

 

もともと男っぽい女の子でしたが20才になってもまだ女性として見られてないようなんです。男友達からも女じゃないと言われたりします。

 

原因として考えられるのは、言葉遣いが悪い、あまり女性らしい服を着ないなど。あ、でも化粧はちゃんとします。

 

他に原因になりそうなことはあるのでしょうか?女らしくなるには今から何をすべきですか?

 

突然ですが、あなたも似たようなお悩みをお持ちではないでしょうか?女性としてこういった悩みはつきないもの!

 

女らしくなるにはどうするのか、女性らしい雰囲気の魅力的な女性になるにはどうしたらいいのか、その方法を見ていきましょう!











女らしくなるには

 

通りすがりの女らしい女性を見かけて「あの人はもともと女らしい人だから、、、」

 

とあこがれて、自分なんてとあきらめたりしてはいませんか?でも実は、あれは簡単なテクニックが合わさっただけなのです。

 

ぬけ感のあるこなれヘアは、手ぐしでふんわり空気を含ませてるだけ。繊細で深い香りは、香水を寝る前に仕込んでいるだけ。ふわトロの白い足だって、華奢な手だって、技術でつくれます。

 

女らしさは「つくるもの」。女らしくなるためのどうしても覚えてほしい基本があります。

 

やってみようと思う瞬発力がある

盗んだり、試したりする力。「あれは私ににあわないから」「わたしの年には無理があるから」など、決めつけはだめです。

 

女らしい人は自分のものさしが伸縮自在。「あれキレイ!」「やってみたい!」と思ったら次の瞬間には試す、くらいの気持ちでいましょう。

 

男性の視線を意識する

他人の視線、特に男性の目線を気にした方が女らしくなるスピードは速くなります。男にはない女ならではの体の特徴を光らせるのが「女らしさ」につながる道。

 

ドキドキさせて楽しむ。女を楽しむことが、とっておきの女らしさの秘訣です。

 

継続する気力がある

知り合いの女らしい女性に聞いたらみんなこう答える。

 

「スキンケアを毎日丁寧に行う」とか、「眠いけど、がんばってメイクを落とそう」とか、時には気力です。

参考:女っぽくなる方法!女っぽい女性の性格と特徴を徹底検証!?

 





女性らしい雰囲気の魅力的な女性になる方法



髪を制するものは、魅力的な女性になれる

 

女らしい雰囲気の魅力的な女性に見せたいならメイクよりもファッションよりもまず、髪。髪は、あなたの雰囲気の80%以上を決めるといっても過言ではありません。

 

目指すべきは髪は、モデルや海外セレブのあのこなれ感漂う髪。ざっくり適当に仕上げたように見せているけれど、実はあれは、綿密に計算され作り出されたものです。

 

抜け感、ボリューム、ほどよい上品さとやわらかさ。これが洋服と組み合わせると、絶妙な女性らしい雰囲気が沸き立ちます。

 

一番肝心なのは、気張ったように見えないこと。ぴたっと整えてしまったり、頑張って作りました感が出てしまっては逆効果になります。「抜け」のなさはおしゃれにとって大敵。

 

結局言葉で女らしさは決まる

「口で言わなきゃわからない!」ケンカするとだいたい女性のほうからこのセリフがでます。

 

そのとおり!でも意外とこれを実践していないのは、女性だったりして結構もったいない、特に良いほうの声です。

 

不満はいちいち漏らしても、相手の素敵なところをちゃんと伝える女性は意外と少ない。だからこそ、声にできる女性は、もれなくモテます。

 

男性に対して、思ってることを声に出すのはものすごく効果的。

 

「ありがとう」にはじまって「やさしいね」とか「すごく嬉しい」とか「男らしくてかっこいい」とか「ドキッとした」とか。

 

思っていてもなかなか言葉にすることができないけど、思い切って声に出してみるとすごく効きます。

 

男性はこういう言葉が大大大好き。見てくれてるんだな、とか男として意識してるんだなってドキドキしています。それに素直で無邪気な女性に「すごく女らしいなぁ」なんてまんまとハマるのが男性。

 

車道側を歩いてくれてるとき、荷物を持ってくれたとき、新しい髪型がかっこいいとき、車庫入れが上手だったとき、ぽわっと心に浮かんできた淡い気持ちを声に出す。恥ずかしがらず試してみましょう。

 

参考:女性らしい雰囲気とは?女性らしくなるためにあなたがするべき事3選!




香りを上手に使いこなすことは色っぽさを磨くための不可欠な要素

ここからは男性が女性らしさを感じる「いい匂い」についてお伝えしていきますね。