男の人がハマる魔性の女の魅力って何なんだろう?

 

私が、魔性の女に興味をもったのは、単純に好きな男性を落としたかったからなんです。(笑)

 

ま~お恥ずかしい話ですが、若気の至りなんで聞いてください。

 

その男性はめちゃくちゃモテる人だったので、ライバルも多かったんですね。なのでただ綺麗に装うだけでは、恋の勝者になることは難しい。

 

その中で抜きんでた存在になるには、彼の心にマーキングできる女にならなけば。

 

で、モデリングしたのが魔性の女ってわけです(笑)その時の私がイメージした女性は高岡早紀さんや藤あや子さん。

 

もし、あなたが好意を寄せる男性がモテる男性なら私がこれからお話しすることがお役に立つと思います。

 

しかしこの話は、「ずっと愛され続ける女性になる」って視点ではまた別の話になりますのでご了承ください。

 

まずは、好意のある男性の「気になる女性」にならなければその先はありませんよね。

 

「私はそんな小手先のテクニックで男性を好きにさせるのはどうかと思う」って言う方はこの先は読み進めなくていいかと思います。

 

では、私が魔性の女から学んだ魅力と男性がハマる意識に働きかけるワザをお伝えしていきます。






魔性の女の魅力とは?

距離感で心を揺さぶる

「あの子は魔性の女だよね」

 

男性たちがある女性について話をしていたことがあります。詳しく聞いてみると、その女性はとにかく魅力的らしく、誰もが彼女に心溶かされているらしい。

 

「それってなんで?どこが魅力的なの?」と聞くと「とにかく距離が近いんだよ」の一言。

 

話すときも座るときも、他の人よりずっと、距離が近いらしいのです。

 

本来、誰にでもテリトリーというものがあります。「パーソナルスペース」って言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

「パーソナルスペース」とは、人間が持つ縄張りのようなものです。通常は半径45センチ程度ですが、親しい相手ほど縮まり、恋人どうしだと約15センチ。

 

普段はそのテリトリーを守るためにある程度の距離感を保ちながらひとと接しています。

 

けれど、その魔性の女性は、そんなのおかまいなしに、ひとのテリトリーの壁をやすやすと打ち破って入ってくるというわけ。

 

具体的には、不意に相手の15センチ以内に近づきハッとさせる。そんなとき、ひとは決まってドキドキしてしまい、反射的に緊張して心揺さぶられるもの。

 

その距離の近さに「もしかして自分に好意を持ってる?」と二重にドキドキとときめいてしまうらしい。

 

そう、距離感は心に大きく左右します。遠いと思ってた人が、思いがけずぎゅっと近づいてくる感覚です。

 

恋愛対象、異性とは見ていなかったその人が、急に「異性」に見えてくる瞬間なのです。

 

さりげないボディータッチ

確かに男性ってボディタッチに心から弱いもの。ちょっと膝に手を置かれて微笑まれたりしたもんなら気になって仕方なくなります。

 

でも、男性に慣れていない女性にとっては、これはかなり高度です。効き目は重々わかっていても、実行となると難しいもの。わざとらしくなると効果は激減します。一番重要なのはいかに自然にやってのけるかです。

 

魔性の女はタイミングもナチュラルさも完璧。そう、魔性の女って生まれながらにこのシステムが埋め込まれているから、いとも簡単にやってのけます。しかもそれほど意識せずに。

 

ボディータッチというのは相手に、異性という事を認識させる手段ですし、相手の心を開かせる手段でもあります。

 

最初は相手を呼ぶ際に、近くに行って肩を「ポンポン」と叩きながら、相手を呼ぶことから始めてみて下さい。これなら自然ですね。

 

こんな少しの努力がボディブローのように徐々に効いてきます。こんなことから始めて成功していくと、もっともっとボディタッチをするのが簡単になっていきますよ。

 

 

男性がハマる意識に働きかける色っぽいワザ♡

 

 

今までの話しで「距離感」と「ボディータッチ」が男性の気を引くためにとても効果的なことがわかったと思います。

 

次はこの「距離感」と「ボディータッチ」が両方一度に使えるワザがあるって言ったら知りたいと思いませんか。

 

このワザを習得すると男性があなたにハマって意識せずにはいられなくなる確率がグンと上がります。

 

それってなんだと思いますか。

 

・・・

・・・

 

それは、ハンドマッサージです。

 

これは男性にボディータッチをしながら距離も非常に近くなって、初対面でも一気に距離感を縮められ女性としても意識させることができる効果的な手法です。

 

職場の同僚だったり、サークルの仲間だったりするのであれば、この方法はほとんど毎日使えます。

 

でもこのワザは強力なの好意のある男性以外は使わないようにしてくださいね。

 

「ハンドマッサージなんて出来ない。効果的なのはわかったけど、実際にできる度胸は持ち合わせていない。」という声が聞こえてきそうですが、安心してください大丈夫です。

 

男性が女性に「マッサージしようか?」というと、妙にいやらしくなりますが、逆はそうではありません。

 

女性からマッサージしてあげようかと言われて、「何だこいつ?」と疑ってかかるような男性はいません。

 

話をしてるなかで、相手が「疲れた~」なんていっていたら、チャンスです。その時には「私マッサージ得意なんだ」と言ってハンドマッサージをしてあげましょう。

 

握手を求める感じで手を出せば自然な流れで、相手も手を出してくれます。

 

あとは、お手洗いに立ったあとに、ポーチから取り出したハンドクリームを塗りながら「いっぱい出しすぎて余っちゃった、塗ってもいい?」と言いながら相手に塗ってあげる。

 

さらに、「ネイリストの友達にハンドマッサージ教えてもらったんだ」と言いながら、してあげるとかなり喜ばれます。

 

これでマッサージが少しでもうまかったら、何度もされたいと思うように。

 

やっていることはマッサージなので、これほど自然に、長時間男性にタッチし続けることができる方法は他にないでしょう。

 

私の知り合いの女性は、好きなんだけど長年男友達だった男性にハンドマッサージをしてあげたら、男性の方が「ドキッ」ときたらしく今ではそれをきっかけに付き合うようになりました。

 

ちなみに、私もそれきっかけで狙っていたモテるメンズからデートに誘って貰えるようになりましたよ♡

 

高価な化粧品や洋服を買わなくても、男性の「気になる存在」になってグッと距離が縮まることが出来る再現性のあるワザですので、ぜひ試してみてください。

 

最初から本命は緊張すると思うので友達で練習するのもいいかもしれませんね。

 

まとめ♡

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「【魔性の女の魅力】男がハマる相手の意識に働きかける色っぽいワザとは?」をお伝えいたしました。

 

あなたに、今回解説してきた中でとても大切なことをまとめます。

 

魔性の女の魅力♡

  • 距離感で心を揺さぶる
  • さりげないボディータッチ

 

男性がハマる意識に働きかける色っぽいワザ♡

  • ハンドマッサージ

 

以上が、【魔性の女の魅力】男がハマる相手の意識に働きかける色っぽいワザとは?の記事内容のまとめになります。

 

魔性の女の魅力を知ったあなたが、あなたの愛する人の心を掴んで離さない女性になれるよう心を込めて。