職場にいる魔性の女の話。

4年前に新人として女性社員が入社して来ました。最初の印象は頭が良く美人で、積極的な良い子という印象。

 

しかし徐々に月日が経つにつれて彼女の本性が出始めました。そのきっかけとなるのは同じ職場での不倫。

 

職場の中で中心人物となり得る人物や、管理職なんかについてる男性と親密になります。最初は飲み会から始め二次会や三次会などに行き二人きりになってホテルへ行き男女の関係になる。

 

そういった男性がバックにいることを良いことに、彼女は与えられた仕事をサボったり、他の人物に変わってもらったりなどやりたい放題です。

 

最初そういった行動を見て批判をしていた私の先輩もある時から態度が一変して、彼女の言うとおりになってしまいました。おかしく思い、親しい友人から聞いた話ですとその女性と最近二人で飲みに行ってる仲ということを知るのです。

 

会社でそのような女性がもしご主人に手を出してきたらと思うと気がきでないですよね!今回はそういった魔性の女と呼ばれる女性達の特徴を知って、もしものために備えましょう!






職場の魔性の女の特徴



ギャップを見せる

普段、職場でハキハキしてる女性がプライベートだと急に甘えたモードになる、いつもは素っ気ないのに、ふとしたときにやさしい気遣った言動をしてくる女性など意識していなかった女性のギャップにやられると深みにハマりそうですよね。

 

自分だけしか知らない秘密を知ったような気分になるのです。こんなギャップ感も大きな魅力。だから男性をドキッとさせて、ますます惹かれていきます

 

人はそんな外見からは想像もつかないような意外性を発見すると、たちまち魅力を感じてしまうもの。特に、見た目がしっかいる人が、実は天然だったりすると男性の好感度が高くなります。


参考:魔性の女の天性の魅力5選!ハマる男続出!なぜ好きになってしまう?

媚びない

職場の魔性の女は、男に媚びない強さを持っていることが多いです。そこが、普通の恋愛体質の女とは違う点。

 

魔性の女は男に媚びることはありませんし、芯が強く凛としていることが多いんです。経済的にも自立しているケースが少なくありません。

 

だからこそ、そんな女性にちょっと甘えられると、男は舞い上がってしまう。魔性の女は、自分から男性に言い寄ったり色目を使うことはありません。

 

しかし甘え上手な一面もあり、自分の気分次第で男性に甘えたり頼ったりすることはあります。

 

男性の顔色を伺うこともなく自分の思ったことは言葉や行動に表すため、その媚びないハッキリした態度が男性にとって好印象を与える。

 

参考:色っぽいとセクシーの違いとは?色っぽい女性になる方法10選!

既婚者男性を好きにさせる彼女達の特徴とは

略奪することに罪悪感がないから

魔性の女は、略奪することに罪悪感を感じません。だから、略奪愛が多くなります。魔性の女は、恋愛に対して自由奔放。

 

だから、他人の男を略奪することにも躊躇しません。ステキな男性だなと思ったら、既婚でも彼女持ちでも関係なく、アプローチしていくのです。

 

たとえ、略奪することで、彼の妻や彼女が悲しむことになったとしても、「好きになったものは仕方がない」と略奪してもさほど罪悪感を感じません。

 

一般人は略奪することに罪悪感を感じてブレーキがかかりますが、魔性の女はアクセル全開で行けるのです。

 

ハードルが高いほうが燃えるから

魔性の女が略奪愛を選ぶ理由の最後は、恋愛のハードルが高いほうが燃えるから。

 

魔性の女はモテるので、一方的な大失恋をしたり、「恋がかなわなくてつらい…」という経験は少なく、恋愛に関してはさほど苦労をしてきていません。

 

でも、魔性の女はそれでは物足りない。だから、ハードルが高い略奪愛を選ぶんです。フリーの男を落とすよりも、既婚者や彼女持ちの男を落としたほうがハードルが高いですよね。

 

魔性の女は、あえてハードルが高く、難易度が高い略奪愛を選ぶことがある。

 

記憶に残る匂いがする

 

「いい匂いだね」は最高の褒め言葉です。「キレイだね」より「いい匂いだね」の方が女として断然上級。

 

それは香りは真っすぐに奥の方まで響くものだから。本能に響く女、五感すべてをうっとりさせることができる女は最強に無敵です。

 

「いい匂い」といえば香水。体温と解け合って、世界でたったひとつの香りになる香水は分身のようなもの。だからこそ香水は駆け引きなしに本能で選びたい。

 

香りは毎日同じ場所につけるのではなく、会う人や場所などに合わせて仕込む場所を厳選すること。

 

デートなら、近づいたときに香るよう首筋に、ドライブなら脚を組み直すたびに香るよう膝裏や内股に、色っぽさを足したいときには胸の下に。

 

動きや狙いに合わせて香りを仕込むことで隠れていた香りが顔を出します。

 

洗練させた女なら、香水を吹きかけたレースやハンカチをランジェリーケースにしのばせましょう。女としての自分を堪能することができるし最愛の彼との大切な時間も盛り上げます。

 

最後に、男性の大好物、髪と背中の香りの仕込み方を。背中は、首のつけ根につけておくとコートを脱がせてもらう瞬間ふわり。

 

髪は、洗う時の仕上げに香水をワンプッシュ加えたぬるま湯ですすいでみます。そうすると、make loveのとき、体温の上昇とともに淡く香り出すという秘め技。お試しあれ。


魔性の女になれる香水♡



リビドー ロゼ

あまり大きな声では言えないけれど、恋をしている女性なら意中の彼と「結ばれたい...♡」と思うのは当然のこと。

 

こちらの香水は、「女性として見てもらえにくい」「なかなか彼が誘ってこない」「男性っぽいと言われる」「もっと女性として魅力が増したい」という女性の声を解決するために作られた香水なのです。

 

男性のスイッチがONになる瞬間をあらゆる角度から研究したどりついて作られた香りです!約80種類の香りを組み合わせており、デートの時間に合わせて香りが変化していきます。

 

トップノート・・甘く可愛いフルーティーベリーの香りで誘い
ミドルノート・・ミュゲ、ジャスミンの爽やかなフローラルの香りで官能性を高めて
ベースノート・・ラストに残るのは、イランイランやムスク系の印象で妖艶で落ち着く香り

 

デートを盛り上げる特別な香り成分である、オスモフェリン、イランイラン花油、キイチゴ果汁、クランベリー果汁使用されており、あまり興味のない方の前での使用は控えてください!と注意書きがあるほど。

 

男性を落とす香水という意味ではピッタリの一品です。

 

男性を落とす色っぽい香りを纏いたい方はこちらをクリック→【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』


まとめ♡

 

職場の魔性の女は自分で自分の行動を振り返る事をしません。その為自分のせいで多くの男性の人生が変わったとしても、それは知った事ではありません。彼らがかってに起こしたことです。

 

他人の人生に興味が無く、自分の思うがままに生きる事が出来る女性だからこそ、魔性とまで言われるのです。しかしながら、魔性の女と呼ばれる人々が幸せかと聞かれれば、それもまた難しいポイントです。

 

人は自分に与えられた人生を生きる以外に道はありません。なので、あなたはこのような女性の生態を知ったうえで、愛する男性の心を離さない女性になる努力をしてみて下さいね!

 

記憶に残る香りを纏いたい方はこちら↓

<ブログランキングの応援をお願いいたします♡ >

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング;